<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ライ☆彡

f0034444_17361912.jpg

7月29日(水)ライが虹の橋を渡りました。。。
面白くていつも笑わせてくれていた我が家のお笑い担当のライ。
本当に淋しいよ。。。
いなくなったなんて信じられない・・・

6月末、朝から大好きなお肉も何も食べなくなって、あれ?おかしいな?でも夜にはお腹も減って食べるだろうなーと様子を見てました。
でも、夜もほとんど食べなくて、これはおかしい、何かある・・・
明日病院に行こうと思っていたその深夜に突然プシューっと噴き出すようなすごい下痢!!
今まで見たこともないような激しい下痢でした。
ライもフラフラで、じっとすることも出来ず動き回るんだけど、後ろ脚が悪かったので何度も尻餅をついて、その動きに必死について回ったのですが、ライも床もえらいことになってしまいました。
最後の方は下血が酷くてまるで殺人現場のよう。。。
翌朝一番に病院に駆けつけました。
血液検査の結果、腎臓とアルブミンの数値が極端に悪く、血管点滴をすることに。
その時、今は危険な状態ですと言われ、昨日まで普通にしていたのに、いったいどういうこと??とわけがわからなくなって動揺してしまいました。
その日は無事点滴を終え、夜お迎えに行ったのですが、それから亡くなる日までの32日間、毎日半日入院で点滴治療を受けることになったのでした。
初日に危険な状態と言われたけれど、数日後には持ちなおし、ご飯も食べてくれるようになったりして、回復の希望を持って点滴に通い続けたのですが、遂に力尽きた感じでした…。
ライ。。。無理させてしまったね。。。
淋しい思いをさせてしまったね。。。ゴメンね。。。
亡くなった日は、やっぱり朝から調子が悪く、病院から電話がかかって来るんじゃないかとハラハラしながら仕事してましたが、連絡は無かったので安心して夜お迎えに行きました。
いつもは診察室で待っていてくれるのに、酸素室まで来て下さいと言われ、中に入っていくと、そこには見るからに辛そうにしているライが横になっていたのでした。
私を見つけて首を持ち上げてくれたけど、本当に辛そうで。。。
ライの体は点滴ももう受け付けなくなっていて、なすすべが無かったようです。
そして、もう長くはありませんと告知されました。
せめて家まで頑張ってほしかったのだけど、帰る途中、ライは車の中で息をひきとりました。
何度か路肩に車を止めて声をかけたんだけど、届きませんでした。。。
f0034444_17382537.jpg
f0034444_17513950.jpg

15歳と4ヶ月ちょっと。
寂しがり屋だけど、素直で明るくて本当に元気いっぱいの太陽のような子でした。
あとで独り残るのは寂しいから先にいっちゃったのかな。
ハッチと仲良くするために皆より先に行ったのかな。
我が家はいっきに寂しくなりました。

ライのお付き合いでみんなで病院へ。点滴の留置針が痛々しいライ
f0034444_17395559.jpg
 
一時はみんなと同じご飯が食べられるまで回復したのに…
f0034444_17402287.jpg

後ろ足のマッサージを受けるライ
f0034444_1741533.jpg

独りぼっちも嫌だし車も苦手なのに毎朝病院に向かうライ。よく頑張ってくれました。
f0034444_17435326.jpg

ありがとう、ライ!
f0034444_17442088.jpg

[PR]
by masami1028 | 2015-08-21 00:35 | ライ | Comments(12)